ドローンレイザー(UAV LiDAR)


  Yellow Scan  

Yellow Scanはフランスに拠点を置く、プロフェッショナル向けUAVマッピングソリューションの設計、開発、製造を行っている企業です。
統合型で軽量、操作が容易であり、データ自動保存が可能なため、世界中の測量、林業、環境リサーチ、考古学、コリドーマッピング、土木、採掘等の幅広く活用されています。

 

YellowScan-Mapper-product-picture-1200x800-page-product

 

 Yellow Scan Mapper 

 

スキャナー:Livox Horaizon

IMU:APX−15

精度:2cm

正確度:3cm

レザーショット(数/秒):240,000

高度:70m

スキャナー視野角:81.7°

重量:1.5kg

Surveyor Ultra

 

 Yellow Scan Surveyor Ultra 

 

スキャナー:Velodyne VLP32

IMU:APX−15

精度:10cm

正確度:5cm

レザーショット(数/秒):6000,000

高度:80m

重量:1.7kg

vx-20

 

 Yellow Scan Vx20−200 

 

スキャナー:Riegl mini VUX−2 UAV

IMU:APX−20

精度:1cm

正確度:2.5cm

レザーショット:100,000/360°

 (数/秒)   200,000/360°

高度:85m

重量:3.1kg


 GeoSLAM 

Geo SLAM社は、イギリスに本部を構え、「どこにでも持ち運べる」3Dモバイルマッピング技術で世界的な市場をリードしています。2012年にCSIRO(オーストラリアの科学エージェンシーであり、Wi-Fiの発明者)と3Dレーザーマッピングのジョイントベンチャーとして誕生しました。地理的調査、エンジニアリング、採掘作業、林業、施設や資産管理のセクターで使用されています。

 

Geo SLAM

 

  GeoSLAM ZEB-HORIZON  

 

スキャナー:Velodyne VLP-16

計測精度:1〜3cm

データ取得速度:300,000点/秒

レーザーレンジ:最大100m

重量:3kg

特徴:SLAMベースの3次元ポータブルレーザーマッピングシステムで屋外での使用にも長けており、また軽くコンパクトなため屋内の調査にも便利です。
GPSの弱い遠隔地であっても使用することが可能。また軽量なため、手持ちで使用することもできます。

 


  Emesent  

Emesnt社はオランダに拠点を置く企業です。同社が開発した「Hovermap」は、軽量で、小型ドローンに装備出来るほか、バックパックなどに取り付けて人間が持ち運ぶことも可能である。また、地下やアクセスが難しい場所のほか、GPSが不安定な場所でも自動的にデータを収集し3Dマップを作成するものであるとされており、多くの鉱業企業によって活用されている。

 

Emesenthovermap

 

 Emesent Hovermap 

 

スキャナー:Velodyne Lidar VLP-16-Lite

計測精度:±3cm

データ取得速度:300,000点/秒

レーザーレンジ:最大100m

重量:1.8kg

特徴:非GNSS環境下においても飛行制御や自立航行が可能で、事故位置推定と環境地図作成を同時に行う。非常に軽量なため、バックパックなどに取り付けて持ち運びも可能。

ASTRA Lite Edge Li DAR

 ASTRA Lite Edge Li DAR 

精度:±5cm

計測点数:40,000点/秒

計測レンジ:50m

推奨高度:30m-水中/50m-地上

重量:5kg

特徴:地形+水面下のマッピングに対応

TDOT

 AmuseOneself TDOT Green 

精度:±5cm

計測点数:60,000点/秒

計測レンジ:100m

重量:2.7kg

特徴:地形+水面下のマッピングに対応